マインドフルネスと脳神経の生理学的変調

2020年11月4日

マインドフルネス心理療法(自己洞察法)を始めても、回復には時間は掛かります。

辛い症状を長期間にわたって、使用してきた神経回路の習慣には、根強いものがあります。

脳神経生理学的変調が起きている

習慣化した心理や反応パターンと、脳神経生理学的変調が起きているので、どうしても回復には時間がかかります。

辛いでしょうが長い期間を掛けて、コツコツとトレーニングをして行く事により、脳神経生理学的な領域までも
変化を起こす事が可能になってきます。

また、回復力がアップして来ます。

すると完治が可能になって来ます。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg

 

脳神経生理学的反応とは、

その時々に何を考え、どう行動するのかは脳神経生理学的反応になります。

その時に、「価値崩壊の反応パターン」ではなく、「価値実現への反応パターン 」を繰り返しトレーニングをします。

時間が掛かります。

そのトレーニングを始めても、「3ヶ月とか6ヶ月もやったのに完治しない」というような、安易な不満の反応をしない事がとても大事になります。

また、回復が遅いことに不満を持つようになって来ると、意欲の低下にもつながり、うつ病を併発して治療もやめてしまう事になりかねません。


そこで「この病気の回復には時間が掛かる」との、認識を持つ事がポイントです。

 

焦らずに取り組むことが大切

トレーニングをやめることは、回復行動(価値実現)の逃避回避に入り、類似の苦しむ反応パターンの再現につながって来ます。

不安(パニック)障害の場合には、種々の逃避回避が重層的にあるので、マインドフルネス心理療法でも完治までには、うつ病よりも長くかかるのが現実です。

しかし、長くはかかりますが、トレーニングをやっただけ改善はします。

 

の効果とは、

〇不安恐怖が軽くなる  〇広場恐怖が解決する  〇対人恐怖がよくなる

それは「価値崩壊の反応パターン」が少し弱くなり、脳神経生理学的な変化が、少し起きる事により少しずつ改善されて来ます。

1年から2年指導を受けて、呼吸法や洞察法等のコツがわかったら、自分で回避逃避の解消にチャレンジしていけば、完治への道筋が開けて来ます。

 

途中でやめない事

特に、少し軽くなったところでトレーニングをやめてはいけない。

完治していないボヤ状態であれば、再発する出来事に遭遇する事により再燃するおそれがあります。

その時に、おいこまれての不安障害の再燃であれば、うつ病も併発するおそれがあります。

中途半端な状態で、再発の不安を抱えているよりは、完治を目指し、再発が来ても乗り越えられる状態にしましょう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、うつ病・不安障害・パニック障害・PTSD等の辛い症状の原因を、心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、自身がもっているパーソナリティを活かし、より豊かな人生をおくりましょう」

私達は、その為のお手伝いを致します


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ


:::::::::::::::::::::

 

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く、改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

 

**********************

マインドフルネス心理療法 マインドフルメイト

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

住所:山梨県甲斐市龍地798-165

TEL:080-2213-3802

**********************