パニック障害を治す方法とは、

2021年1月31日

パニック障害を治す方法とは、

 

パニック障害は、ある日突然に起きて来ます。

それは例えば、トンネルに入った瞬間に息が苦しくなり・鼓動が激しくなって来ます。

また、電車の中でも突然に冷や汗が出てきて、息が出来ないような状態になって来ます。

そして、その事を一度経験すると、また同じような出来事が起こるのではと、不安症状へと広がっていく傾向があります。


IMG_20170502_133744-1.jpg

 

パニック障害の特徴

その事は、パニック症状の為に、自己の中での処理能力を超えた時、その場で動けなくなってしまったり周囲を驚かせる程、取り乱してしまう症状で、一度陥ってしまうと完治させる事が、なかなか困難で地道に病院通いを続けなければなりません。

その為に、医師の処方は薬物療法が主になりやすく、一度症状が起きて来ますと癖になりやすいので、自発的に治す能力が養われ難いので、いつまでも処方薬に頼ってしまいやすく、常に手元に置いておかないと安心して過ごせません。

パニック障害の処方薬

しかも、パニック障害は外傷のように明らかな損傷が起きているのではないので、気持ちの持ちようが大きい側面もあることから、薬剤に含有されている成分は、過敏になっている神経を落ち着かせ、心拍数を減らして呼吸を整えられる物で構成されいるようです。

マインドフルネス自己洞察法の取り組み

しかし、パニック障害は目の前で起こっている事や、これから起こり得る事例を必要以上に重大に捉えてしまい、
呼吸が乱れ過呼吸になるのが一連の流れですが、マインドフルネス自己洞察法に取り組む事により、その時々の過ごし方を訓練し、身につける事により、その時の状況に飲み込まれ難くなって行きますので、今起きている事をやり過ごし、その出来事が過ぎていく現実と時間を淡々と観察できるようになります。

減薬から断薬にチャレンジする

つまり、呼吸に意識を向けてく事を主流に取り組んで行く、マインドフルネス自己洞察法であれば、ならたとえ対処が難しいパニック障害でも、薬を飲用しないで対応出来る事に向き合えるようになり、医師から処方されていますお薬の減薬から断薬に取り組んで行く方が多いです。

マインドフルネス自己洞察の効果

この事により、精神的な事は当然の事ながら、肉体も筋組織が抱えている緊張感が解れていく事が実感できますので、自分自身の思考回路がクリアになり、今まで発揮できていないで眠っている能力が引き立てられます。

そして心身の硬直が解かれるというのは、活発に活動中に優位になる交感神経と、落ち着いている時に存在感が高まる副交感神経の両立が整う事なので、不眠症が改善される事により、寝不足の為に、パニック症状が起きやすい状況の引き金が無くなります。

あるがままの自分を感じ取る

マインドフルネスを開始するには、特別な道具や難しい知識などは不用ですので、難しく捉えずに背中を伸ばし何度も繰り返される呼吸を感じ、あるがままの自分を感じ取って行き事が大切になります。

ライフスタイルに合わせて行う

また、マインドフルネスは足と臀部を床に着けているイメージが先行しているので、必ず座れるような綺麗な床面と静かな環境が必須だと思われているのですが、立っていても同一の効能が発揮されます。

そのため、まだ会社などにマインドフルネスが導入されていなくても、オフィスに向かう通勤電車の中でに掴まって立ち姿で臨む事もできます。

他者との距離感が近すぎる電車内はパニック障害の温床ですし、サラリーマンは1日の業務を考えると胸が苦しくなるタイミングなので立って行うには適している時間帯です。

自己流では行わない

そこで、大切な事は自己流で行わずに、マインドフルネス自己洞察法の事を良くわかっているカウンセラーの下で行う事です。


IMG_20170502_114302-1.jpg

〇うつ病を克服する為に必要な事とは、

 

この記事は以下の方が執筆しています。

佐藤福男
〇資 格 : マインドフルネス瞑想療法士(マインドフルネス総合研究所)  マタニティー / 0才児 指導者資格(幼児開発協会)  一般旅行業取扱主任者(国家資格)  〇役  職: 非営利型一般社団法人マインドフルメイト代表理事・ マインドフルネス学校 学校長