なぜ、うつ病や不安症・パニック障害になるのか。

2019年12月3日

うつ病や、社会不安症・パニック障害・PTSD等になると、

仕事ができなくなるとか、外出が出来ない・人との会話をできなくなるとか、悪化すると死にたくなるなどの症状が起きて来ます。


また、身体が痛い・重たい・苦しい等の、色々な身体症状も表れて来ます。

 

でもなぜ、このような症状が起こるのでしょうか。


sunahama-003.jpg

 

【うつ病や社会不安症/パニック障害等が起きる仕組み】


日頃の生活や、職場等で日々ストレスを受ける状態が続く事によりその出来事(有意識・無意識)に対して、対処がうまくできないとか、見通しが立たない、耐えられない等と思うと、つらい考え(自動思考)を繰り返すことが多くなります。

そして、その解決策が見えずにいると、不快な状況が持続してしまいます。

このような考えや感情は、特に悪いわけではなくて正当なことが多いのですが、短時間で起こり、回数が多くなければ、うつ病や社会不安症・パニック障害・PTSD等に、ならないと言われています。

そころが、このような事を繰り返し起こす事により、交換神経が興奮していきます。その結果、副腎皮質からストレスホルモンが分泌されます。交感神経の興奮やストレスホルモン(コルチゾール、グルココルチコイド)が分泌されると、身体の反応(胸がくるしく感じたり、心臓がドキドキしたり、呼吸が荒くなったり)があったり、気分が悪くなったりします。

それを感じて、つらい考えを繰り返すことがあります。

ストレスのある出来事
(解決策なしノ見通し立たず)

思考→感情の興奮

交感神経/ストレスホルモン

身体反応や気分悪化

これをいやがる

またつらい考えが繰り返される
感情が起きたり、交感神経が興奮したり、ストレスホルモンが分泌されても、考えることをやめたり、具体的な解決策がみつかると、この循環が止まります。

 

しかし、解決策がないままに、
不満、嫌悪などの思考を繰り返えすと、うつ病になるリスクが高まります。


(1)自律神経の持続的興奮

自律神経失調

身体症状(身体の各所に症状)



(2)ストレスホルモン

前頭前野や大脳辺縁系などが傷つく

精神症状(うつ症状・不安やパニック症状など)
不安障害(社会不安障害・パニック障害、対人恐怖、全般性不安障害、外傷後ストレス障害等)の場合は、急に起きる不安、恐怖の感情や身体反応(心臓のドキドキ、胸の痛み、息苦しさなど)、発作(パニック発作)を嫌って、行動が制限(回避、逃避)されるようになってしまいます。


hamabi-002.jpg

現代社会で生活をしている私たちは、別の言い方をするとストレス社会と言っても過言ではありません。ですから、なにかのチョットしたキッカケで一歩間違えると、うつ病や社会不安障害・パニック障害・PTSD等になる確率は、とても高いと言えます。

ですから、自分だけがこの病気になるのではありません。

 

まして、自分だけがダメなのではありません。

チョットしたキッカケで誰にでも起こる病気なのです。


ですので、大切な事は、今、どんなに辛くどんなに苦しくても自分自身を諦めない事です。

うつ病や社会不安症・パニック障害・PTSD等にになると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。


また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


お問合わせはこちらから

マインドフルメイト : http://www.mindfulmate.jp


マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。


006-1.jpg