• ホーム
  • うつ病を乗り越えました。

うつ病を乗り越えました。

マインドフルネスのセッションに参加をされ、強迫性障害とうつ病を乗り越えた方から、セッションの体験談をお寄せいただきました。

ご自身の辛い状況、マインドフルメイトとの出会い、どうやって克服していったか回復の経過など、ご本人の文章に一切手を加えず原文のままご紹介しております。

 

夢を実現させるマインドフルネス

匿名さん(男性)

症状:強迫性障害・うつ病

2013年1月~2014年4月 セッション10回終了

 

 

完璧主義で働いた結果、

強迫性障害となり、また家族の度重なる不幸が続きうつ病を発症しました。

約3ヶ月仕事を休職し、十分に治らないまま職場復帰しました。

復帰したのはこのままでは一生引きこもりになるという焦りからでした。

復帰後、職場での自分に対する労りの言葉や励ましの言葉が、とても自分を惨めに感じさせとても辛かったです。

 

マインドフルネスとの出会い

マインドフルネスのことは、休職中に色んな本を読み漁るなかで知ることができました。

自分の場合職場復帰後にセッションを開始し、セッション会場も遠かったので通うのはかなりきつかったです。

騙されたと思って毎日毎日呼吸法を続けて、

不快事象を無理矢理受け入れるように努力し自殺の誘惑とも必死で闘い続けて一年。

 

 

気づいたら、

そこそこ人生を楽しんでいる自分が居ました。

いつの間にか職場での自分に対する視線もあまり気にならなくなり、バリバリとまでは言いませんが
人並みに残業もして中堅社員としての管理業務もこなしています。

時間が無いときこそ、あえて短時間呼吸法を沢山入れて寝る前の呼吸法も長めに行っています。

今は新たな夢を見つけて目の前の事だけを懸命に行い、そして丁寧に生きるようになりました。

もちろんまだ症状に襲われる事もありますが、冷静に対処出来るようになりました。

 

今後も油断せず、

そしてうつ病を乗り越えた人間として社会貢献できる日が来るよう頑張ります。

 

 

★当マインドフルメイトは、飛行機や新幹線を使って遠くから通っていらっしゃる方も多くいます。この方も、遠方からほんとによく通われました。非常に辛い症状が出ている中で、たぶん何度も挫折しそうになっただろうと思いますが、諦めずがんばられました。波が襲ってきても、もう怖い事はないでしょう。完治を目指してこれからも続けられるそうです。

 

:::::::::::::::::::::